アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

関連仕事-タイ古式マッサージ

アロマテラピーに関連したお仕事-タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージは、2500年もの長い歴史があり、インドに始まり、仏教、アーユルベーダを取り込み、ヨーガ、指圧、整体、ストレッチ、ハーバルボールなどを含んでいる。

タイ古式マッサージでは、人体に流れるエネルギーライン「セン」を刺激するタイオリジナルの古式マッサージないし伝統的マッサージです。

頭のてっぺんから足のつま先まで、くまなく全身を施術し、被術者はマッサージのコースの間にヨーガと同じ体位を行う。


タイ古式マッサージは、大きく2つの流派に分けられ、南部式スタイル(バンコクスタイル)では指圧療法が強調されており、北部式スタイル(チェンマイスタイル)にはストレッチ動作がよく使われる。


「せん」の周辺に集中する神経や血管が刺激され、リンパ球が活性され、血行がよくなり身体の痛みが緩和されます。その結果、人間が本来もっている自然治癒力や免疫力を高めます。


タイ古式マッサージでは、フットマッサージにはかなりの重点をおいています。

タイ古式マッサージのフットマッサージでは、足の裏、指の間、ふくらはぎ、足の付け根といった場所をていねいにもみほぐします。


タイ古式マッサージは、ワット・ポー(Wat Pho)というお寺が総本山で、タイ古式マッサージ・スクール「ワットポー」を開校しています。


タイ古式マッサージの資格を授与している資格団体には、タイ・ゴールドフィンガー・インターナショナル・ジャパンがあります。


日本でマッサージ師になるためには、マッサージ師(あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律〈昭和22年法律第217号〉)にならないといけないので、スクール選びのときはその点も気をつけましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0