アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

関連仕事-調香師(ちょうこうし)

アロマテラピーに関連したお仕事-調香師(ちょうこうし)

調香師(ちょうこうし)は、いろいろな製品の製造に使われる香料を創り出す仕事です。

調香師は、主に2種類に分かれ、食品や飲料に使う香料を創るフレーバーリストと、香水、化粧品、シャンプーや入浴剤、接着剤、ゴム、ビニール製品、印刷インクなどの日用品の香りを創るパフューマーがあります。


調香師が創った香料見本を依頼主に納品し、その香りが採用されると、工場で大量生産されます。依頼に応えるだけでなく、新しい香りを生み出す研究も行われています。


調香師のうち、フレーバリストの数は、パフューマーの数倍にのぼるといわれています。

調香師として、就職するに当たっては、特に資格や免許は必要はないですが、高校卒業から大学卒業程度の知識が必要といわれています。


調香師に多い学部は、農芸化学、生物化学、薬学など化学系といわれていますが、文科系の出身者も多数活躍しています。


調香師の勤務地は、東京や大阪などの大都市が多く、配属先は、食品会社、香料会社、化粧品メーカーの研究部門が多いとされています。


調香師の給与は専門職のため、一般社員よりもやや高く設定され、労働時間や休日は一般社員とほぼ同じ待遇です。


調香師になるために、調香師専門学校、理系大学に進む方が多いです。

大手の香料会社では、自社内で調香師を教育しているようです。


現在は、30~50歳の男性が大部分を占めていますが、今後は、女性調香師が増加すると考えられています。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0