アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

アロマテラピー資格の種類(2)

アロマテラピー資格の種類(2)

<日本アロマコーディネーター協会JAA>

認定校の生徒を対象に所定の用件を満たすことで、認定証を発行しています。


1)アロマコーディネーターライセンス

アロマテラピーに関する基礎知識があり、安全に生活に取り入れることができる
JAAの認定スクールにて所定のカリキュラム修了後、認定試験(理論、小論文)を受ける


2)アロマハンドリラックス(AHR)ライセンス

日本人の体質、環境に合ったアロマテラピートリートメント技術があることを示す
加盟校にてカリキュラム履修後、認定試験を受ける


3)アロマフェイシャルリラックス(AFR)ライセンス

アロマテラピーによるフェイシャルトリートメントによりストレス解消や自律神経のバランスを整える
受験対応講座のカリキュラム履修後、認定試験を受ける


4)インストラクターライセンス

JAA加盟校のセミナーやスクーリングの講師又はアシスタントを務めることができる
アロマコーディネーター認定者が指定講習会を受講し、認定試験を受験する


5)チャイルドケア・コーディネーターライセンス

お子様に対するアロマテラピーやタッチケアなどによるケア
カリキュラム履修後、認定試験を受ける


6)アーユルヴェーディックアロマセラピー検定

アーユルヴェーダとアロマセラピーを融合した知識に関する検定試験
ホームスタディ講座修了後、検定試験を受ける


7)カウンセリング検定 / いやしのカウンセラー

・カウンセリング検定

ヒーリングのためのカウンセリング知識に関する検定試験
講座を受講し、検定試験を受ける


・いやしのカウンセラー

検定試験合格者を対象に、認定試験と事前講習会により認定を受ける



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0