アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

アロマテラピー資格の種類(1)

アロマテラピー資格の種類(1)

アロマテラピーの資格には、現在「公的資格」がないため、各団体が独自に認定している「認定資格」になります。

そのため、アロマテラピーで開業するために資格が必要というわけではありません。

また逆に、資格を持っているからアロマテラピーの仕事への転職、開業ができるというわけでもありません。

ここでは、資格体系の大枠を知って、アロマテラピーの世界でどこを目標にするかの参考にして欲しいと思います。

ここでは、近年注目されている社団法人日本アロマ環境協会の資格についてみていきましょう。


<社団法人日本アロマ環境協会>


1)アロマテラピー検定1級・2級

アロマテラピーを自分自身や周囲の人と楽しみ、健康維持に用いるための知識を問う検定試験。
受験の条件なし。何級からでも受験可能。


2)AEAJアロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーの使用法、効用、安全性、法律面から正しく伝える能力を認定する資格です。
受験資格は、アロマテラピー検定 1 級合格者、AEAJ会員。


3)アロマテラピーインストラクター

専門家として指導できる能力を認定する資格です。
受験資格は、アロマテラピーアドバイザーであること。
一次、二次試験の筆記試験を受ける。


4)アロマセラピスト

アロマテラピートリートメントやコンサルテーションなどを提供できる能力を認定する資格です。
受験資格は、アロマテラピーアドバイザーであること。
学科試験合格後、ボディトリートメント実技試験およびカルテ審査を受ける。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0