アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

アロマテラピーの楽しみ方(1)

アロマテラピーの楽しみ方(1)

アロマテラピーの楽しみ方には、芳香浴、オイルマッサージ、沐浴法、湿布、基礎化粧品などがあります。


1)芳香浴法

鼻から香りを吸入して、身体に働きかけるアロマテラピーの楽しみ方です。


①直接吸入

エッセンシャルオイルを1~2滴、ハンカチやティッシュペーパーに含ませ、置いたり、持ち歩いたりするアロマテラピーの楽しみ方です。


②蒸気吸入

熱湯を入れた洗面器などの容器に、エッセンシャルオイルを1~2滴ほど加えます。

頭からサウナのように、バスタオルなどをかぶり、10分ほど蒸気を吸い込むことで、アロマテラピーの効果が得られます。

この時必ず目は閉じて下さい。


③器具を使用する方法

部屋をアロマテラピーの香りで満たすために、アロマポット、アロマキャンドル、アロマデフューザーなどを利用します。


④スプレーによる方法

芳香スプレーをつくり、部屋をアロマの香りで満たす方法です。

スプレー付き遮光瓶に水、エッセンシャルオイルを入れます。

エッセンシャルオイルは水に溶けないため、使用前に毎回よく振ってから、スプレーしましょう。

水の代わりに無水エタノールと精製水を使うこともあります。

2)オイルマッサージ

キャリアオイルでエッセンシャルオイルを希釈して、マッサージします。

仕事としてオイルマッサージを行う場合、医療行為の場合は医師免許が、マッサージの場合はあん摩マッサージ指圧師資格が必要です。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0