アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

エッセンシャルオイルの光毒性(光感作用)

エッセンシャルオイル(精油)の光毒性(光感作用)

紫外線に当たると、かゆみ・発赤・シミなどの色素沈着などを引き起こすエッセンシャルオイル(精油)があります。

これは、エッセンシャルオイルに含まれる成分(フロクマリン類:ベルガプテン、ベルガモテン、メキシクマリンなど)と紫外線が反応するためです。

エッセンシャルオイルのこの作用を光毒性(光感作用)といいます。


光毒性(光感作用)のあるエッセンシャルオイルは、柑橘系のエッセンシャルオイルです。

これには、アンジェリカルート、カボス、グレープフルーツ、クミン、タジェット、バーベナ、ベルガモット、柚子、ライム、レモンなどがあります。

これらのエッセンシャルオイルを肌につけた場合は、半日~1日を目安に強い紫外線に当たらないことです。

このため、寝る前のマッサージやトリートメントをおすすめします。


特に、ベルガモットに含まれる「ベルガプテン」という成分の光毒性は強いと言われています。

ベルガモットFCF(ベルガプテンフリーまたはフロクマリンフリー)は、この成分を除去したエッセンシャルオイルです。


日本独自のエッセンシャルオイルであるゆずは、詳しく検査がされていないそうです。

そのため、メーカーによって、光毒性の表記が異なるので、注意が必要です。


また、同じ柑橘系のエッセンシャルオイルのオレンジ・スイート、ネロリには光毒性はありません。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0