アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

エッセンシャルオイルの使用上の注意(1)

エッセンシャルオイル(精油)の使用上の注意(1)

エッセンシャルオイル(精油)を使用するときの注意点について見ていきましょう。

(1)容量を守り、原液を希釈して使う

エッセンシャルオイル(精油)の原液は濃縮されているため、直接肌につけると刺激が強すぎてしまいます。

また、香りも強すぎてしまいます。

そこで、エッセンシャルオイルは通常、基材とよばれるもので希釈してから使います。

基材の最も基本的なものは、水です。

エッセンシャルオイルは、水には溶けませんが、すでにアルコールに溶けているので、それをさらに薄めるために使用します。


(2)エッセンシャルオイルを飲んだり、点眼しない

海外の文献などでは、医療用に飲むことをすすめるものもあるようですが、日本では通常飲用に販売されていません。

アロマテラピーは日本では、現在医療としての扱われていないことを理解して、正しく利用しましょう。

また、眼に点眼したり、眼に入らないようにしましょう。


(3)火気に注意する

エッセンシャルオイルは火が近くにあると、揮発性であるため、引火する恐れがあります。

キッチンや煙草など火を使っている場所での使用には充分注意が必要です。

また、エッセンシャルオイルの香りが部屋に充満して気分が悪くなることもあるので、適度に換気しましょう!



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0