アロマテラピーの資格取得や業界に転職したい人は増えてきていますが、資格の勉強法についての充分な情報がなく、仕事としては厳しい現状があることを紹介したいと思います。

エッセンシャルオイル(精油)とは?

エッセンシャルオイル(精油)とは?

アロマテラピーの基本となるアイテムが、エッセンシャルオイル(精油)です。

これは、アロマオイル、精油などと呼ばれ、このエッセンシャルオイルさえあれば、アロマテラピーを楽しむことが可能です。


エッセンシャルオイルとは、ハーブなどの植物の有効成分をギュッと抽出し、凝縮したものです。

そのため、エッセンシャルオイルには植物の葉や花、果皮、樹皮、樹脂などが出す芳香物質が濃縮されています。

この芳香物質は「香り」のもとになる成分で、植物により異なる香りや成分を持っています。


300種類以上のエッセンシャルオイル(精油)が存在しています。

中には、高価なエッセンシャルオイルも多数存在します。

それは、エッセンシャルオイル1滴を抽出するために、たくさんの元となる植物を必要とするためです。

例えば、ローズのエッセンシャルオイル(精油)1滴のために50個のバラの花から抽出する必要があるためです。

エッセンシャルオイルは、通常純度100%のものをいいます。


エッセンシャルオイルは、薬効成分が凝縮されているので、香りだけでなく、体の不調にもいいといわれています。


また、エッセンシャルオイルは、リラクゼーションにもいいとされ、たくさんのエステやサロンで使われています。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0